スポンサーサイト

--.--.--   カテゴリ : スポンサー広告   コメント : -


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿

非公開コメント

受信コメント

トラックバック

受信トラックバック

 

第32回李相佰杯争奪日韓学生競技大会 1日目

2009.05.16   カテゴリ : 大会レポート   コメント : 0


今さらですが、1戦目レポート。

韓国のフォワード陣のシュートが本調子がまだ今ひとつのうちに叩いておきたかった試合でした。
さらに不運だったのは、出だしのつまずきから、あとから出てきて流れを変えた小林がテイクチャージをとったときに後頭部を流血する負傷で、後半は出場しなかったこと。

そして、日本にとって致命的だったのはターンオーバーの多さ。日本21、韓国11です。せっかくいいプレイが出ても、すぐさまミスで帳消し、プラスマイナスでゼロになっていた部分が多かったです。

ただ、得点源の金丸を我慢して使ったこと、さらにアグレッシブなディフェンスで、光明を見出したW竜の奮闘など、残り2戦につないだ試合となりました。さらに、前半思い切りの良さを見せた中川の起用も、2戦目のブザーピーターにつながったと思います。


日本学生選抜 69(14-19.24-14.18-20.13-25)78 韓国学生選抜

1j-furukawa
序盤は古川のジャンパーで対抗

1j-iwashita
岩下のブロックショットもさえる


1j-mao
後からでできた中川も短い時間で流れを変える

1j-mitsuhara
満原にもダブルチームで守ってくる


1j-hiro
課題が明確となったガード陣


1j-ryoma
竜馬と岩下のピック&ロール


1j-tokai
少ない観客の中、東海大が盛り上げに一役

1k-sekkun
韓国は土壇場で、オセグンにボールを集めてきて一気に逆転。
試合終盤の試合巧者っぷりを見せつけた


korea@odakyu
で、試合前から終わったらすぐにかえるので取材は明日の試合前と言われたはずの
韓国メンバーと、小田急で同じ電車となりました(笑)
周囲のお客さん、でっけーとか言ってたたな

box
戦評

コメントの投稿

非公開コメント

受信コメント

トラックバック

受信トラックバック

 

プロフィール

collegehotline2

Author:collegehotline2
COLLEGE HOTLINE BBSより引越しました。
今シーズンよりBLOGバージョンとして新規開設。

合計170000以上のアクセス。
メールで情報を随時ご提供いただいた方もたくさん。

掲示板運営にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
大会告知 (68)
ユニバ (2)
イベント (2)
大会レポート (7)
? (0)
高校 (2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。