スポンサーサイト

--.--.--   カテゴリ : スポンサー広告   コメント : -


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

第32回李相佰杯争奪日韓学生競技大会 2日目

2009.05.16   カテゴリ : 大会レポート   コメント : 0


1Q
日本学生選抜 (26-15.-.-.-) 韓国学生選抜
スターター
日本 #4渡邉、#5古川、#8岩下、#11金丸、#12満原
韓国#4#5#10#13#15
2j-junpbal


2k-15

韓国は、オセグンをはずし、210の#15を起用と、昨日と違う布陣。渡邉3分で2F、竜青イン。8-4。岩下に代わり根来イン。金丸、根来で12-4とりード、韓国タイムアウト。昨日前半負傷した小林イン。韓国#10安のスリー連続で許す。韓国立て続けに速攻をミス。8分、20-13。.金丸ベビーフック。中川イン。

2Q
日本学生選抜 40(26-15.12-18.-.-) 33韓国学生選抜
2j-10-13

2j-7

竜馬イン。古川イン。満原ジャンパーで30-15。竜馬もぐりこんで32-15、最大17点差にリードを広げる.。竜青入り、昨日のディフェンスマン2人のコンビとなる。根来イン、F2、根来の立て続けにオフェンスリバウンドにどよめき。渡邉イン。韓国オールコートのディフェンス。ハドルを組む日本。ファウルがかさみ、フリースローを与え、5分33-22。#11に連続ドライブを決められ35-26、日本タイムアウト。根来スリー、40-26。韓国タイムアウト。またも#10スリー連続4本目。日本タイムアウト、40-33。

3Q
日本学生選抜60 (26-15.12-18.20-25.-)58 韓国学生選抜

岩下の先制に、ベンチでタオル振り回す竜青。韓国のエース#14オセグンに連続ゴールに満原も対抗トップからスリーも沈める。根来、小林イン。小林3F。竜青、竜馬コンビ、登場。ディフェンスオールコート。#11はんに速攻許し、50-50ついに同点。6分、日本タイムアウト。竜青のドライブ、竜馬のスクープショットとW竜が奮闘(笑) 厳しいマークに金丸フリースローを得る。オセグンのリバウンドで韓国は追撃。岩下イン。日本ゾーンにするもリバウンドが取れない。上のディフェンスプレッシャーからインターセプト、金丸走る。
2j-11-1


4Q
日本学生選抜 78(26-15.12-18.20-25.18-18) 76韓国学生選抜
根来のリバウンドにまたもどよめき、しかし2回目のリバウンドはファウルに。竜馬が両手あげてなぜのアピールに、オセグンが腕をさして、ここやられた、と見せる。竜馬、金丸。リバウンド取られるも、トラベリングに、韓国ベンチはタイムアウト。63-58。韓国もディフェンスをオールコート。渡邉、小林4年ガードイン、満原、中川イン。満原打たされるも、小林がねばっこいオフェンスリバウンドで、セカンドショットを決める。65-58.根来、古川イン。根来4F。中川イン。

2j-5-k14

2j-12-1

しかし、韓国はあきらめない。6分、67-64。韓国タイムアウト。
満原のスリーに沸く、70-64.。#11ハンヌリ4F。リバウンドが取れない、根来ファウルアウトに拍手。
残り2分、韓国3回目タイムアウト。72-67。ベンチも大声。#7シュート後のプッシング。
オセグン、リバウンド強し。ハンヌリの柔らかなムーブで、73-71と迫る.日本ミス。残り、1:04、#4朴のスリー、ついに73-74と韓国逆転。

日本タイムアウト。東海大のリードでニッポンコール。
2j-tokai

35秒、それに呼応するように満原バスカンをねじこむ。
2j-12-2

渡邉のリバウンドから、金丸フリースロー2本目。76-74。オセグンのドライブ76-76と同点。残り2.8秒、日本タイムアウト。なかなかスローインできず、渡邉からパスは小林へ。やぶれかぶれの小林のシュートのこぼれ球を、まず金丸、さらに中川がタップで押し込んで、タイムアップ。78-76。歓喜に沸き、飛びつく日本メンバー。
2j-v1

2k-v2

これで1勝1敗、いよいよ、明日は決戦だ!

戦評
box

 

第32回李相佰杯争奪日韓学生競技大会 1日目

2009.05.16   カテゴリ : 大会レポート   コメント : 0


今さらですが、1戦目レポート。

韓国のフォワード陣のシュートが本調子がまだ今ひとつのうちに叩いておきたかった試合でした。
さらに不運だったのは、出だしのつまずきから、あとから出てきて流れを変えた小林がテイクチャージをとったときに後頭部を流血する負傷で、後半は出場しなかったこと。

そして、日本にとって致命的だったのはターンオーバーの多さ。日本21、韓国11です。せっかくいいプレイが出ても、すぐさまミスで帳消し、プラスマイナスでゼロになっていた部分が多かったです。

ただ、得点源の金丸を我慢して使ったこと、さらにアグレッシブなディフェンスで、光明を見出したW竜の奮闘など、残り2戦につないだ試合となりました。さらに、前半思い切りの良さを見せた中川の起用も、2戦目のブザーピーターにつながったと思います。


日本学生選抜 69(14-19.24-14.18-20.13-25)78 韓国学生選抜

1j-furukawa
序盤は古川のジャンパーで対抗

1j-iwashita
岩下のブロックショットもさえる


1j-mao
後からでできた中川も短い時間で流れを変える

1j-mitsuhara
満原にもダブルチームで守ってくる


1j-hiro
課題が明確となったガード陣


1j-ryoma
竜馬と岩下のピック&ロール


1j-tokai
少ない観客の中、東海大が盛り上げに一役

1k-sekkun
韓国は土壇場で、オセグンにボールを集めてきて一気に逆転。
試合終盤の試合巧者っぷりを見せつけた


korea@odakyu
で、試合前から終わったらすぐにかえるので取材は明日の試合前と言われたはずの
韓国メンバーと、小田急で同じ電車となりました(笑)
周囲のお客さん、でっけーとか言ってたたな

box
戦評

 
<<前のページ   

プロフィール

collegehotline2

Author:collegehotline2
COLLEGE HOTLINE BBSより引越しました。
今シーズンよりBLOGバージョンとして新規開設。

合計170000以上のアクセス。
メールで情報を随時ご提供いただいた方もたくさん。

掲示板運営にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
大会告知 (68)
ユニバ (2)
イベント (2)
大会レポート (7)
? (0)
高校 (2)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。